お問い合わせで多くいただくのが「水没」に関してです。


com_shared_img_thumb_iPhoneowata9V9A2090_1


水没してしまった機器の修理は、水没後のご対応によって復活する場合としない場合がございます。
はっきり言って「運」によることが多いです。


少しでも水没から復活させる可能性を高めるために、下記のことをご参考にしてください。

1.水没させてしまったらすぐに取り出し、電源を切ってください
2.その際、慌てて確認しようと電源を入れることは決してしないでください。絶対禁止!!
3.ケースを外すだけでなく、3DSなどバッテリーを外せるものはすぐにはずしてください。
4.この時点ですぐに当店にご連絡後、お持ちください。

もしすぐにご来店できない場合は下記を参考に対策してみてください。


5.タオルなどでよく水気を切ってください
6.風通しの良いところで2,3日乾燥させてください

このときドライヤーなどを使われるのはあまりオススメできません。熱で基板を痛め、故障してしまう場合がございます。食品などに入っている乾燥剤(シリカゲル)をたくさんお持ちの場合は、ジップロックに機器と乾燥剤を入れて密閉しておくのも方法の1つです。


7.遅くともこの時点までに当店へお越しください。ここから先は自己責任で行ってください


8.軽く振ってみて水気がなくなったことを確認したら、バッテリーを付けて電源を入れてみてください。これで起動して、操作に問題がなければラッキーです。逆に電源が入らない場合は故障してしまって、復活させる可能性はかなり低いです。

無事に電源が入った場合は、すぐにバックアップをとってください。一度水没させてしまった機器は正直長持ちしません。いつ故障するか分かりませんので、バックアップ完了後はなるべく早く新しい機器をご用意していただいた方が良いです。


当店の水没修理は(他店も同様ですが)基本的にバックアップがとれる状態まで復活させるのがメインになります。それ以降はなるべく早い買い換えをオススメしています。

作業内容としましては
1.分解後、塩分や不純物を取り除きます。
2.溶剤を使い、パーツに含まれる水分を飛ばします。
3.乾燥させたら再度組み立て、電源が入るかチェックします。このとき理想は新品のバッテリーに交換するのが良いので、お客様のご希望により交換いたします。
4.起動してみて操作に問題がないかチェックします。


水没だけはそのとき機器の中で何が起きたかによって動くか動かないか分かれてしまいます。ぜひご参考いただければ幸いです。


チームベラミワークス webサイト
http://repair.bel-ami.net/